WiMAXはプロバイダによって初月の扱いが違うので注意が必要

更新

WiMAX2+の契約をこれからするにあたって、プロバイダーを通して契約をすることにしている人が気になる項目の一つが「初月無料」です。せっかく申し込むなら無料になる日数を少しでも長くしたいところ。

ただし、ちょっと気を付けないといけないのが、プロバイダによって初月の扱いが異なること。初月の扱いを間違えると、利用開始が月末になってしまうと目が当てられません。

初月無料を有効活用するには、プロバイダの条件を知っておきましょう。

WiMAX2+の契約で人気の高いbiglobe wimax、So-net wimax,GMOとくとくBB wimax, UQ WiMAXの5つのプロバイダーの利用開始月の条件をまとめました。

これから契約する方は、契約予定のプロバイダーの初月の条件を確認してから契約するようにしてください。

会社 利用開始月 日程 詳細
biglobe 受取月 翌日-7日 詳細
So-net 受取月 3-7日 詳細
GMO 無し 最短即日 詳細
UQ 無し 無し 詳細

biglobe wimaxの初月無料

ビッグローブWiMAXの初月扱いはモバイルルーターの受取月になります。受取が確認されたタイミングが利用開始月となります。

最短で翌日に発送されます。ですから2日から1週間程度の間に利用することができます。

UIMカードとデータ端末は、お支払い方法が確定した後に発送いたします。通常、2日~1週間でお届けしますが、在庫状況や配送状況によりお届けが遅れる場合があります。予めご了承ください。本サービスのサービス開始日は、本サービスのお申し込み受け付け成立後、お客さまにUIMカードの引き渡しがあったことをBIGLOBEが認識した日となります。サービス開始日はメールにてご連絡します。

ビッグローブWiMAXキャンペーン詳細

So-net wimaxの初月無料

So-net WiMAXも初月の扱いは端末の受取月になります。

発送もビッグローブとあまり大差のない3-7日となっています。So-netも5日程度の到着が多いようです。

発送からお届けまでの目安は、約3~7日程度です。在庫・製造状況などにより、発送までお時間をいただく場合がございます。お申し込みいただいた機器をお受け取りになった日(ご本人様以外の方や、宅配BOXでのお受け取りも含みます)がサービス開始日となります。

So-net WiMAXキャンペーン詳細

gmoとくとくBBの初月

2017年1月から初月無料が無くなりました。端末到着月は日割り計算となります。

GMOとくとくBBは端末受取月が初月の扱いになります。発送は4日以降となっています。こちらも実際に受け取れるまでは5日〜1周間が多いです。

なんとGMOとくとくBBは最短即日発送に対応いたしました。

「即日発送」を選択された場合、平日17時、土日祝日14時までの申込み完了であれば、当日に発送いたします。受付時間が過ぎてしまいますと翌日発送となります。

キャンペーンの適用により、端末受取月の月額料金は無料となります。

即日発送だと住んでいる地域にもよりますが、翌日には受け取れることになります。せっかく購入してもすぐに使えないのは辛いですから。

GMO WiMAXキャンペーン詳細

UQ WiMAX本家の契約

UQコミュニケーションズのオンラインショップで申し込む場合は、初月無料の恩恵はありません。

初月から利用料金は日割り換算となります。発送のタイミングは最短即日となっており、最もはやく受け取れるのは本家UQです。

UQ WiMAXキャンペーン詳細

wimax申込から発送、到着までの流れ

申込手続はすべてインターネットで完結できますが、必ずキャンペーンが適用されるかどうか確認はしておきましょう。WiMAXのキャンペーンは月によって変わります。新しく始まるキャンペーンで初月無料の項目が無くなることもあるかもしれません。(あまり考えられませんが、可能性が0とは言えません。)

実際に申込から発送までの期間は各プロバイダーのキャンペーンページにも記載があります。

WiMAXの申込みからの経過をシュミレーションしてみましょう。

例えば、月曜日に申込をした場合には、火曜日、水曜日、木曜日を挟んで4営業日目にあたる金曜日に発送されます。営業日で換算するので土日祝日は日数にカウントしません。

火曜日に申込をした場合には、水曜日、木曜日、金曜日の3営業日を挟んだあとに土曜日、日曜日の休日がくるため、発送は月曜日ということになります。

初月無料をフルに利用するには毎月1日に受取れるのがベストです。であればそこから逆算して、最短受取の場合は間に4日平日を挟んで申込をするのが最も無料月を無駄なく利用できるということです。

注意しておきたいこと

キャンペーンサイトでは4営業日以降の発送となっていても、実際には3日目に発送されてしまったりするケースもあるようです。そうなると、1日受取の予定が前日になってしまいます。宅急便ですから、居留守などで一度持ち帰ってもらう手もありますが、間違って受けとってしまうと、無料で利用できるのが受取日1日ということになりかねません。無理に1日最短受取を狙うよりも、少し余裕をみていたほうが、かえって安全かもしれません。

このケースとは逆になかなか届かないこともあります。ホームページ記載の日程はあくまでも、「最短出荷予定」です。繁忙期や人気商品などの出荷は2週間程度で受けとれることも少くありません。

気持ち的には「月の1週目」くらいで受けとれるだろうという日程で申しこみをするのがいいでしょう。

宅配ボックスなどがついているマンションなどは、宅配ボックスへ預けた時点で受取となってしまうのでご注意ください。

申込でベストな日程は?

あくまでも申込は自己責任でお願いします。ということが前提になります。文句言われてもこちらも責任はとれません。

ベストな申込のタイミングは月末から平日のみカウントして4or5日前ということになります。

例えば1日が土曜日なら月曜or火曜に申しこむという具合です。早めに届くリスクを避けるのであれば、30日や29日などに申しこみをするのがいいでしょう。

キャンペーンを活用して申込みをしましょう

初月無料のタイミングを気にすることも重要ですが、WiMAXのキャンペーンから申し込むことも重要です。キャッシュバックキャンペーンを活用すれば、2〜3万円料金が違ってきます。お得なプランで契約しましょうね。

今月のキャンペーンは以下のとおりです。

キャンペーンが複雑化してきているので、最新端末の2年トータル料金を計算して表にしました。

なお端末は最新機種のWX04契約時の価格です。

会社 キャンペーン 詳細
GMO 40,450 詳細
So-net 57,564円分の月額割引! 詳細
biglobe 30,000 詳細
UQ 10,000 詳細

どのプロバイダを選ぶのか

プロバイダは安いプロバイダを選ぶのが一番オトクです。なぜならプロバイダはあくまでもインターネットに接続するための手段だからです。どのプロバイダーを通しても利用する回線はuqコミュニケーションズが管理している以上は優劣がつきません。

ならばキャッシュバックを活用して安く契約しようじゃありませんか!

今月のおすすめプロバイダ

今月のおすすめは、月額大幅割引キャンペーンのソネットWiMAX!3年間定額の3280円で利用できます。キャッシュバックの受け取りまで待つ必要もないし、キャッシュバック受け取りの手続きも必要なし。楽に安いってわけです。

最も安いってわけではないのですが、一番安いGMOとくとくBBとの差が僅かなんです。

ちょっと料金を比較してみましょう。GMOとくとくBBは端末到着月を0ヶ月として3ヶ月目まで3,609円、4ヶ月目から36ヶ月目までが4,263円です。3年合計156,310円です。キャッシュバックの40,450を引くと合計115,319円です。

一方のソネットは端末到着月は無料。1から36ヶ月目まで3,280円で合計118,080円です。その差わずかに2,761円。GMOとくとくBBは契約後に余計なオプション解約したり、キャッシュバックの手続きがあったりでかなり面倒です。それでいて3年間の差がわずか2,761円。1年あたり920円しか安くない!!ならソネットのほうがプロバイダー的にも安心(ソニーのグループ会社)だし、毎月安く利用できるのはお財布にも優しいです。ですから今月はソネットをオススメします。

WiMAXキャンペーン

楽にお得なソネットがオススメ

2018年7月のキャンペーンは月額割が最大57,564円のソネットWiMAX!毎月の負担が軽くて、キャッシュバック手続きなんかの手間も無し。楽得でWiMAXを利用していきましょう!!

WiMAXのオススメキャンペーンはこちら

このページの先頭へ